綿毛布 名入れ amp; メモリアル刺繍 ひなたぼっこ 贈呈 ベビーサイズ 70×100 日本製 新しい しっかり厚手 綿100 ベビー 女の子 出産祝 男の子 ギフト 赤ちゃん 保育園

綿毛布 名入れ amp; メモリアル刺繍 ひなたぼっこ ベビーサイズ 70×100 日本製 しっかり厚手 綿100 | 出産祝 保育園 ギフト ベビー 赤ちゃん 男の子 女の子

1704円 綿毛布 名入れ amp; メモリアル刺繍 ひなたぼっこ ベビーサイズ 70×100 日本製 しっかり厚手 綿100 | 出産祝 保育園 ギフト ベビー 赤ちゃん 男の子 女の子 ベビー、キッズ、マタニティ ベビー用寝具、ベッド ベビー毛布 男の子,1704円,amp;,保育園,綿100,メモリアル刺繍,madmakers.lecole-proj.com,|,ギフト,ベビー,出産祝,綿毛布,/durwaun752581.html,赤ちゃん,名入れ,ひなたぼっこ,しっかり厚手,ベビー、キッズ、マタニティ , ベビー用寝具、ベッド , ベビー毛布,日本製,女の子,ベビーサイズ,70×100 綿毛布 名入れ amp; メモリアル刺繍 ひなたぼっこ 贈呈 ベビーサイズ 70×100 日本製 しっかり厚手 綿100 ベビー 女の子 出産祝 男の子 ギフト 赤ちゃん 保育園 綿毛布 名入れ amp; メモリアル刺繍 ひなたぼっこ 贈呈 ベビーサイズ 70×100 日本製 しっかり厚手 綿100 ベビー 女の子 出産祝 男の子 ギフト 赤ちゃん 保育園 男の子,1704円,amp;,保育園,綿100,メモリアル刺繍,madmakers.lecole-proj.com,|,ギフト,ベビー,出産祝,綿毛布,/durwaun752581.html,赤ちゃん,名入れ,ひなたぼっこ,しっかり厚手,ベビー、キッズ、マタニティ , ベビー用寝具、ベッド , ベビー毛布,日本製,女の子,ベビーサイズ,70×100 1704円 綿毛布 名入れ amp; メモリアル刺繍 ひなたぼっこ ベビーサイズ 70×100 日本製 しっかり厚手 綿100 | 出産祝 保育園 ギフト ベビー 赤ちゃん 男の子 女の子 ベビー、キッズ、マタニティ ベビー用寝具、ベッド ベビー毛布

1704円

綿毛布 名入れ amp; メモリアル刺繍 ひなたぼっこ ベビーサイズ 70×100 日本製 しっかり厚手 綿100 | 出産祝 保育園 ギフト ベビー 赤ちゃん 男の子 女の子

メモリアルな名入れ刺繍
出産祝い に大人気のひなたぼっこ綿毛布の メモリアル刺繍 入り。
たくさんのイラストデザインと、書体、糸の色の中から好きな組み合わせをお選びいただけます。
2行、20文字まで入れられるので、名前と生年月日を入れれば、出産のお祝いとしておすすめ♪

※スマートフォンの方は、下部の【商品説明をもっと見る】から詳細をご覧ください。

■スペック■
サイズ : ベビーサイズ(M) 70cm×100cm
素材 :毛羽部分:綿100%/ヘム:綿100%
    糸地:ヨコ-綿100%/タテ-ポリエステル100%(肌に触れない部分です)
重量:約345g
生産国 : 国産 日本製
その他:アレルギー原因物質 イソシアネート不使用

●吸湿性と保湿性
化学繊維は汗を吸いませんが、天然繊維である綿は吸湿性と保湿性に優れているので蒸れにくくて快適。

●肌にやさしい天然素材
アクリルやフリースなどの化学繊維はお肌の油分を奪うので、赤ちゃんや乾燥しがちな冬のお肌には綿100%の天然繊維がおすすめ。 静電気がおきにくく、化学繊維よりもホコリを吸い寄せません。

-- pick up word --
ベビー毛布 膝掛け 布団 お昼寝用
お洒落 かわいい 可愛い 内祝い ブランケット












綿毛布 名入れ amp; メモリアル刺繍 ひなたぼっこ ベビーサイズ 70×100 日本製 しっかり厚手 綿100 | 出産祝 保育園 ギフト ベビー 赤ちゃん 男の子 女の子

まだ届いてないですが、詳しくは届いた報告を受けてからになりますが楽しみです!贈り物用で購入しました?#13;
出産祝いで友人に贈りました! 名前入りでとても喜んでいました 日本製で赤ちゃんの肌にも優しい所が気に入り選びました#13;
友人の出産祝いで購入しました! 直接送ったので最初は実物を見れませんでしたがかなり喜んでくれました! しばらく経って会った時に使ってくれてたので生地を触ってみたところ、思った以上には薄手でしたが、洗ったりするのにかさばらないので逆にいいかなと思います♪ 刺繍も可愛かったです♡#13;
友人の出産祝いに送りました。 男の子ですが 1人目で、次妊娠するかもしれないので どちらが産まれても良いように茶色にしました。やはり 名前の刺繍は特別感があり 喜んでくれました。#13;

疾患DISEASE

「あとは手術しかありません」「病気と上手に付き合っていきましょう」そう言われて諦めてはいませんか?
失われた体の機能を取り戻せる。そんな新たな可能性が再生医療にはあります。

免疫IMMUNITY

病気から体を守るのが免疫の働きです。この免疫力を高めることにより、病気やガンにならない体を手に入れることができます。

美容BEAUTY

「いつまでも美しいお肌でいたい」これはすべての女性にとって永遠のテーマであり、楽しみでもあります。
自分の細胞を使った安全な治療で、あの頃の自分を取り戻しませんか?

LICENSE厚生労働大臣許可医療機関

第二種・第三種再生医療等提供計画 承認済

リペアセルクリニックは、第二種・第三種再生医療提供計画を厚生労働省に提出し受理されました。

  •            

    自己脂肪由来幹細胞を用いた脳血管障害の治療

  •            

    自己脂肪由来幹細胞を用いた糖尿病の治療

  •            

    自己脂肪由来幹細胞を用いた肝障害の治療

  •            

    自己脂肪由来幹細胞を用いた関節症治療

  •            

    自己脂肪由来幹細胞を用いた顔面萎縮症、皮膚再生治療

  •            

    自己脂肪由来幹細胞を用いた脊髄損傷の治療

  •            

    自己脂肪由来幹細胞を用いた慢性疼痛の治療

  •            

    多血小板血漿(PRP)を用いた変形性膝関節症の治療

  •            

    多血小板血漿(PRP)を用いた筋腱炎、靭帯炎の治療

  •            

    多血小板血漿(PRP)を用いた毛髪組織治療

  •            

    多血小板血漿(PRP)を用いた皮膚再生療法

当クリニックでは、国内では数少ない自己の幹細胞を用いた「糖尿病」「脳卒中」「肝障害」「変形性関節症」「肌の再生」などの最先端の再生医療および、PRP(多血小板血漿)の関節内投与や「毛髪の再生」を再生医療安全確保法のもと、自由診療を提供しています。再生医療とは、厚生労働省が認めた特定認定再生医療等委員会において、厳しく審査が行われ、治療の妥当性・安全性・医師体制などが適切と認められる事ではじめて厚生労働省に治療計画を提出することができます。

自分の細胞を活用し、
蘇らせる「再生医療」とは?

薬での治療には限界なのだろうか。本当に手術は必要だろうか。
そんな思いで悩んでいたり、あきらめたりしていませんか?
ケガをしても傷跡が少しずつ薄くなる・・
当たり前のようですが、あなた自身の細胞には、弱ったところ、傷ついたところを修復するチカラがあります。
その細胞のチカラを最大限に引き出して治療を行うことを「再生医療」と呼びます。

リペアセルクリニックの特長

         

当クリニックは、疾患・免疫・美容という分野すべてを、自己細胞を用いた最先端の医療で行うことができる国内でも珍しい部類の医療機関です。

CPC(細胞加工施設)の高い技術により、冷凍しない方法で幹細胞を投与できるので高い生存率を実現ご自身の細胞や血液を利用するため、アレルギーや拒絶反応といった副作用の心配がほぼありません。

  • 1億の細胞を
    投与可能※但し適応による
  • 高い
    安全性
  • 入院不要
    日帰り
  • 身体への
    負担が少ない
  • 高い技術力を
    もったCPC

理事長ご挨拶

     
 

できなくなったことを、再びできるように。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病と、膝・腰などの関節痛に対する地域医療に長年取り組んできましたが、「再生医療」を取り入れることで更なる可能性を実感しています。

医療法人美喜有会理事長 坂本 貞範

できなくなったことを、再びできるように。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病、ひざ、股関節、肩などの関節の手術、そして脳卒中や脊髄損傷のリハビリテーションに長い間取り組んできました。従来の治療方法に限界を感じ、この最先端の「再生医療」を新たに治療に加えることで更なる可能性を実感しています。

医学部卒業後、様々の医療機関で外来から手術まで多くの症例の治療に取り組んできました。その後、平成17年に生まれ育った大阪で開業しました。外来では、ひざや股関節、肩の痛み、腰の痛み以外にも糖尿病、高血圧などの生活習慣病、そして、脳卒中や脊髄損傷の治療やリハビリテーションを行ってきました。

そんな中で、薬での限界を感じ、また、手術以外の方法がないのかを模索していたときにこの「再生医療」に出会いました。初めは、再生医療の治療効果には半信半疑でしたが、再生医療を進めるうちに、その効果に驚き、信頼へと変わっていきました。

「今まで、できなかったことが、できるようになる」これは、病気を治す側としてとても嬉しい言葉なのです。もちろん、再生医療は不治の病を全て治すことのできる万全な治療方法ではありません。ただ、従来の治療の効果をはるかに超えて結果が出せる可能性があるのです。もちろん、脳卒中や整形外科分野の疾患ではその後の筋力トレーニングやリハビリテーションは欠かせません。

当院では、長年培ったリハビリテーションの技術で指導もしております。糖尿病においては、インスリンの注射が必要なくなった、飲んでいる薬が減ったという効果がたくさん見られます。多くの患者様が、遠方からも来られます。

もう少し、近くにクリニックがあればというご要望に応えるため、今回、東京にもクリニックを構えることに致しました。
できるだけ、多くの方に再生医療を知ってもらいたい、そして、できるだけ多くの方に、再生医療の治療後もフォローもできたらという願いがあるからです。

今は美容分野でも再生医療は大きな効果があることを経験しましたので、治療から美容までトータルで再生医療を提供できるように再生医療の総合クリニックを目指しました。
今後もわたしは、あくまで自分の”細胞”の力、自分の治癒力を最大限に高めて病気を治すことにこだわっていきたいと思っています。

医療法人美喜有会理事長 坂本 貞範

略歴

1997年3月
関西医科大学 医学部卒
1997年4月
医師免許取得
1997年4月
大阪市立大学医学部付属病院 勤務
1998年5月
大阪社会医療センター附属病院 勤務
1998年9月
大阪府立中河内救命救急センター 勤務
1999年2月
国立大阪南病院 勤務
2000年3月
野上病院 勤務
2003年3月
大野記念病院 勤務
2005年5月
さかもとクリニック 開設
2006年12月
医療法人美喜有会設立 理事長就任

主な医学論文•学会発表

  1. 論文名:透析患者に対する鏡視下手根管開放術の費用と手術手技
    論文掲載:日本透析医学会雑誌(1340-3451)37巻Suppl.1 Page770(2004.05)
  2. 論文名:IBBC手技を使用したTKAの中期成績
    論文掲載:日本人工関節学会誌(1345-7608)30巻 Page35-36(2000.12)
  3. 論文名:寛骨臼巨大骨欠損の再置換法とその成績 同種骨による欠損壁の修復と水酸アパタイト顆粒による空洞の修復
    論文掲載:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)74巻2号 Page S319(2000.02)
  4. 論文名:骨セメントと骨界面に水酸アパタイト顆粒を介在させる界面バイオアクティブ骨セメント手技(IBBC)
    論文掲載:日本整形外科学会雑誌(0021-5325)74巻3号 Page S666(2000.03)
  5. 論文名:外反母趾手術chevron法に対するPLAの使用経験
    論文掲載:中部日本整形外科災害外科学会雑誌(0008-9443)42巻1号 Page241-242(1999.01)
  6. 論文名:亜急性に経過した膝蓋骨骨髄炎の1例
    論文掲載:中部日本整形外科災害外科学会雑誌(0008-9443)41巻4号 Page1107(1998.07)

当院で再生医療を
サポートする専門医

渡久地 政尚

略歴

1991年3月
琉球大学 医学部 卒業
1991年4月
医師免許取得
1992年
沖縄協同病院 研修医
1994年
沖縄協同病院 外科 勤務
2000年
癌研究会附属病院 消化器外科 勤務
2008年
沖縄協同病院 内科 勤務
2012年
老健施設 かりゆしの里 勤務
2013年6月
医療法人美喜有会 ふたこクリニック 院長
2014年9月
医療法人美喜有会 こまがわホームクリニック 院長
2017年8月
医療法人美喜有会 訪問診療部 医局長

圓尾 知之

略歴

2002年3月
京都府立医科大学 医学部 医学科 卒業
2002年4月
医師免許取得
2002年4月
大阪大学医学部附属病院 脳神経外科 勤務
2002年6月
関西労災病院 脳神経外科 勤務
2003年6月
大阪大学医学部附属病院 脳神経外科 勤務
2003年12月
大阪母子医療センター 脳神経外科 勤務
2004年6月
大阪労災病院 脳神経外科 勤務
2005年11月
大手前病院 脳神経外科 勤務
2007年12月
大阪大学医学部附属病院 脳神経外科 勤務
2012年3月
大阪大学大学院 医学系研究科 修了(医学博士)
2012年4月
大阪大学医学部 脳神経外科 特任助教
2014年4月
大手前病院 脳神経外科 部長

加藤 秀一

略歴

1997年3月
埼玉医科大学 医学部 卒業
1997年4月
医師免許取得
1997年4月
三重大学附属病院 整形外科 研修医
1998年4月
伊賀市立上野総合病院 整形外科 勤務
2000年6月
鈴鹿中央病院 整形外科 勤務
2001年6月
三重大学医学部大学院 整形外科学 勤務
2003年4月
医療法人山本総合病院 整形外科 勤務
2004年4月
三重県立総合医療センター 整形外科 勤務
2006年4月
四日市社会保険病院 整形外科 勤務
2008年4月
医療法人博仁会 村瀬病院 整形外科 勤務
2008年9月
医療法人美喜有会 理事
2009年4月
医療法人美喜有会 整形外科みきゆうクリニック 管理者
       

細胞加工施設(CPC)

再生医療に欠かせない細胞培養加工室 Cell Processing Center(CPC)と連携

症例紹介

坂本院長のブログ

肩腱板損傷の再生医療は手術よりも多くのメリットがある

頸椎椎間板ヘルニアや腰椎椎間板ヘルニアにも幹細胞は効...

ブログ

トピックス

トップ